生理中の白髪染めには注意

生理というのは病気ではないのでいつも通りに過ごしてしまうのですが、自分たちが考えている以上に体が敏感になっていますので、白髪染めを使ってしまうと肌が荒れやすくアレルギーが起こりやすくなります。生理中にパーマをかけないほうがいいという風に言われていますが、白髪染めに関しても同様なことが言えます。

ジアミン系のアレルギーに注意

生理中になぜ白髪染めをしてはいけないかというと、いつもと違ってホルモンバランスの影響によって普段は刺激物として感じないことであっても過敏に反応してしまうことがあるからです。実際のところは頭皮にかゆみやかぶれなどの炎症が起こりやすくなります。

白髪染めで配合されているジアミン系の化学物質はかぶれやかゆみだけでなく、強いアレルギー反応が起きたりします。一度アレルギー反応が出てしまうとその白髪染めは使えなくなってしまいますし、ジアミン系の白髪染めも使用できなくなります。

市販されている白髪染めの多くは生理中は控えるようにという注意書きがありますので、それをきちんと守れば問題ありません。生理中に白髪染めを使用したいならジアミン系以外のもので天然成分が使用されているものを選びます。

生理中には白髪染めを使用しないほうがいい

生理中に白髪染めを使用するのはジアミン系のアレルギーが起こることがありますので、出来るのであれば生理中に使用しないほうがいいでしょう。どうしても使用したいならジアミン系以外で天然成分が使用されているものを選びましょう。

白髪染め いつから TOPへ