塗ってからの放置時間が長ければ長いほうがいいのか?

自宅で白髪染めを使うというのであれば、しっかりと染めなければいけません。確かに説明書を見てみると髪室によって染まりにくいこともあり得ますので長めに放置をするのがいいという風に記載されているのですが、実際のところ目安よりも長く放置したところで意味があるのでしょうか。

目安以上に放置しても意味はない

白髪染めの説明書には目安となる時間が記載されているわけですが、その通りにしてきちんと染め上げることができるかというと実際は時間だけでなく室温や量にも気をつけないといけなかったりします。室温は20度から30度ぐらいがよく、20度以下であれば反応が鈍くなりますので、目安よりも多少放置してもいいでしょう。30度を超えると反応が早くなるので放置時間は目安よりも多少短くてもいいです。

白髪染め自体は髪の毛や頭皮にとってそれほど良くありませんので、長時間放置をしておくとこれらの異常をきたすことがあります。そのため、髪質や体質、染める場所、温度、使用する量などに応じて放置時間を多少調整することが重要です。初めて使用する時にはなかなか調整することが難しいかもしれませんが、何度か使用するうちにだんだん調整がうまく行ったりします。

目安時間プラスアルファで考えるといい

白髪をしっかりと染めたいのであれば、長い時間放置しないといけないと思うかもしれませんが、目安から大幅に長く置いても意味はありまえん。いろいろな条件によって目安時間プラスアルファで考えればいいです。

白髪染め いつから TOPへ