妊娠中の白髪染めは何らかの影響があるのか?

妊娠をした女性は白髪が増えたという経験を持つ人もいるようです。この時期に白髪が増える原因としてはストレスも当然考えられますが、妊娠するとホルモンバランスが崩れることによってストレスを感じ、それによって白髪が増えてくるのです。妊娠をすると胎児が優先的に栄養を取りますので妊婦さんの頭皮にまで栄養分が行き届かずに白髪が増えてきます。妊娠中に白髪染めを使いたいのだが、胎児や母体に悪影響を及ぼすものでしょうか。

胎児への影響は少ない

白髪染めは刺激が強い化学物質が含まれています。使用することによって皮膚から胎児に対して吸収されるものもありますが、毎日継続して使用するものではありませんので、胎児に直接影響があるという可能性は少ないでしょう。

母体には影響がある

妊娠中は白髪染めをしないほうがいいとされています。これは胎児というよりは母体に影響があるからです。一番の理由として考えられるのはホルモンバランスが通常と違うために体が敏感になっています。そのため、化学物質によってかゆみやかぶれが起きやすいです。

皮膚に起こる以上だけでなく白髪染め特有の臭いによって気分が悪くなることもあります。使っている白髪染めで何らかの影響があるのかどうか不安に感じるのであれば、使用するのをやめた方がいいでしょう。

胎児よりは母体自体に影響が強い

妊娠中の白髪染めは胎児に影響があることは少なく、むしろ母体自身の皮膚トラブルなどによる影響の方が大きいです。そのため、使用しないほうがいいでしょう。

白髪染め いつから TOPへ