白髪染めの余りは取っていられるのか?

白髪染めはなかなか一度で使いきれないことがあるのではないでしょうか。大抵の場合はちょっと多めに出して1剤と2剤を混ぜるというのが一般的なのですが、そういう場合は大抵余ってしまうものです。余ってしまったらもったいないので次回以降に使用したい気持ちもあるでしょう。こういう場合余りは取っていられるのでしょうか。

余りは次回以降使用できないのが一般的

1剤と2剤を混ぜ合わせるものに関して言えば次回以降使用できないのが一般的です。例え取っていられたとしても白髪を染める効果がないですし、保管している意味がないですのでとっとと破棄したほうがいいです。洗面台などに流すと液が取れないことがありますので、しっかりと水で洗い流します。できれば洗面台ではなく、下水処理場もしくは浄化槽につながる下水に流したほうがいいです。

余りを取っていられるタイプもある

中には余りを取っていられるタイプもありますので、こういうタイプであれば無駄なく使用することができます。1剤2剤を混ぜ合わせるものであっても、それぞれがチューブに入っているタイプであれば、しっかりとキャップを締めさえすれば3か月ほどは保管可能です。ただし、早めに使い切ったほうがいいのは言うまでもありません。

余りは取っていられるものとそうでないものに分かれる

使用した余りについては使用している白髪染めによって取っていられるものとそうでないものに分かれてきますので、使っている説明書に指示に従ってください。

白髪染め いつから TOPへ